• 一般社団法人
    産学協働学生支援協会

    Student Support Associations of
    Cooperation Between Industry and Academia
  • 一般社団法人
    産学協働学生支援協会

    Student Support Associations of
    Cooperation Between Industry and Academia
Greetings

あいさつ

“子供達の笑顔のために”

私たちは産学協働学生支援協会を2017年8月に設立しました。ただただ子どもたちの寂しい顔が見たくない、悲しい顔をしてほしくない、そんな思いから立ち上げました。

今の子育て世代の貧困は、親が頑張っている、頑張っていないという短絡的な理由で起こっているわけではありません。それは、地域の問題であったり、世代間の問題であったり、経済の問題であったり、頑張りたくても頑張れない、働きたくても働けない、そんな社会の複雑な構造が原因と考えています。

また、三大都市圏の大学に高校生が地方から流入することで、各地域の経済活動が縮小するように言われていますが、若者がいなくなるという人口の移動だけが原因ではありません。各地域で生み出した資金も都市圏へ流入しているのです。この流入している資金が各地域に残れば、各地域の産業も活性化されるのではないかと考えます。

私たちは、子どもたちに少しでも笑顔でいられるように、子育てを頑張っている親のために、子どもたちを支援する事業に取り組んでまいります。今後とも当協会の活動をご理解いただき、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

About Us

団体概要

団体 一般社団法人 産学協働学生支援協会
設立 2017年8月
e-mail info.shien@gakuseishien.or.jp
Board Members

役員紹介

筆頭理事  平澤 勝栄

衆議院議員

理 事  川村 龍夫

株式会社ケイダッシュ 代表取締役会長

理 事  大山 公知

株式会社共同開発システム 代表取締役

理 事  山本 英俊

フィールズ株式会社 代表取締役会長

理 事  韓 俊

株式会社太平洋クラブ 代表取締役社長
Services

事業内容

給食費支援

ひとり親世帯を中心に、給食費などを支援する活動を行います。

奨学金支援事業

大学生の学費および生活費など、奨学金支援を行います。

その他

その他、学術、科学技術、文化及び芸術の振興に関する事業を行います。
Scholarship

奨学金支援事業

学業・人物共に優秀でかつ健康であって経済的理由により就学が困難とみられる日本人学生に対し、奨学援助を行います。特に母子家庭、父子家庭のご子女が、経済的な理由によりアルバイトなどを優先することが無いよう、学業に専念できる環境を整え、将来の社会に貢献し得る有用な人材を育成することを目的としています。
募集内容(PDF) 願書(word)

奨学金の給付金額、給付期間、形態

  1. 1.月額30,000円を大学等(短期大学含む)の学生に、給付します(給付型)
  2. 2.給付期間:令和6年4月から令和7年3月まで
  3. 3.奨学生指定の銀行口座に振り込みます

応募資格

以下の要件をすべて満たす者
  1. 1.令和6年4月現在において1年生以上であり、24歳以下である者
  2. 2.学業・人物共に優秀で経済的理由により就学が困難と見られる者
  3. 3.年1回の状況報告ができる者
  4. 4.他奨学金との併給は可とする

募集人数と募集方法

約5名の奨学生を採用します。

※募集方法の詳細や願書の送付につきましては、左記の募集内容(PDF)をご確認いただき、必要事項を願書(WORD)に記入し、所定のメールアドレスにご送付ください。

提出期間

令和6年6月1日(土)~14日(金)
Voices

奨学生の声 2023年度

富山県 Aさん

この度は給付型奨学生に採用していただき、一年間にわたって多大なるご支援を賜り誠にありがとうございます。産学協働学生支援協会様の関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

私は幼い頃から母子家庭で育ち、物心がつく頃から仕事で多忙な母よりも祖父母と過ごす時間の方が多い日常を送っていました。大学選びの際、都心にある実家から離れて、現在通う地方大学でしか学べない学問を勉学したい、という私のわがままを母はもちろん、祖父母が誰よりも応援してくれたことを今でも覚えています。しかし大学進学後まもなく祖父母の体調が悪化し、一年ほど前からはいつ何が起こるかわからないという状況になりました。母は一人で祖父母の介護をしていることからとても援助は頼めなく、生活費や授業料は日々のアルバイト代と貸与奨学金から賄っていました。授業・研究・アルバイトの両立で実際休む時間はほとんどありませんでしたが、とにかく必死に努力してきました。

この一年ご支援いただいてから以前よりも確実に自身の研究に打ち込むことができ、学会や展示会で研究成果を多く発表する機会を得ることができました。また現在は、第一著者の論文を執筆させていただいています。さらに、思うようにできなかった帰省もでき、家族との時間も遥かに増えました。祖父母は私の顔を見ると元気になるようで、そのことが私にとっても大きな喜びになっています。

私はこの春大学を卒業し、大学院に進学します。将来は、日本が強いものづくりを通して人の命・生命に関わる業界の研究開発職に就き、医工連携や異分野融合を補う人材となり社会に新しい価値を提供するという夢があります。そして、どんなときも応援してくれた祖父母、女手一つでこれまで育ててくれた母、身近で支えてくれる友人や先輩、教授に恩返しがしたいです。大学院進学後は、自分自身の知識と能力の更なる深化のため、何事にも心折れず諦めずに、これまで以上に努力していきます。

こんなにも自分に余裕がもて、研究者としても成長できたのは、本奨学金のおかげです。末筆ではございますが、産学協働学生支援協会様の関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。

京都府 Kさん

私は法学部に入学し、一年間にわたり国際関係や日本の外交史などの政治分野について学習・研究してきました。リベラリズムやリアリズムなど、国際政治を観察するうえでの考察方法の種類や戦後日本の対米外交を中心とした外交史、歴代首相のマニフェストとその評価や、日本の経済面の急成長から衰退に至るまでの過程といったテーマはどれも非常に興味深く、来年度移行のゼミ専攻の選択の方向性も決まることになりました。国際関係についての講義を春・秋の1年間を通して担当してくださった教授の講義内容が特に興味深かったです。

さて、1つ目のテーマは、国際関係において最も恐ろしい「錯誤」の存在です。言語や文化・価値観の異なる異国との外交にはときに錯誤(勘違い)が発生します。錯誤が原因となって戦争が起こるというのが悲惨であることは言うまでもありません。これに対する対応策の例としては、キューバ危機後に米ソ間で開通した首脳間の直通電話であるホットラインが挙げられます。

2つ目のテーマは、「誰が負担を負うのか?」です。国際秩序には(国、またはその行動主体が)負担を負う必要があり、主体が負担に対してそれ相応のリターンを求めるのは自明の理です。しかし、前述の通り国際秩序はアナーキーであるため、利益の独占や他者の排除などが難しく、結果としてタダ乗り(フリーライディング)が合理的行動となります。つまり国際秩序の形成と維持というものは、それが世界の平和や安定に不可欠なものであり、私が昨年春の作文で書いた「2000年後の未来」をより良いものにしていくために挑戦しなければならないテーマであるにも関わらず、それへの挑戦によって負う負担は利益(リターン)が少ない、もしくは全く無いといった事態になります。

この事例として、私は第二次世界大戦後のアメリカを例として挙げようと思います。戦後、アメリカは(ソ連との冷戦下での競争など、様々な思惑があったとはいえ)「世界の警察」を標榜し、各国の治安維持や国際秩序の形成に尽力しており、「パックス・アメリカーナ」と呼ばれる国際関係の小康状態を作り出しましたが、ベトナム戦争を主とする他国への介入は結果的にアメリカの財政状況を悪化させていき、国内政治を疲労させる結果となりました。のちに、アメリカでは国際関係の維持ではなく自国の利益を優先しようとするナショナリズム的思想を掲げてドナルド・トランプ大統領が誕生することとなりましたが、それは国際秩序維持というリターンの不透明な「負担」を捨て、国内政治への集中というリターンの確実な負担に切り替えたという合理的判断によるものだと考えられます。しかしながら、すべての国が同様の考えに陥ると、世界恐慌後のブロック経済のような世界秩序になり、世界平和や秩序の安定を望むのは難しいものとなるのではないでしょうか。つまり、平和・安定の実現のためには、誰か(何か)が負担を負い、犠牲となる必要があるのでしょうか?私は二年生以降の研究で「世界平和・国際秩序の安定に犠牲は不可欠なのか」に注目して、学業活動に専念していこうと考えています。

法学部の授業内では頻繁に書籍を購入しなければならない場合があり、産学協働学生支援協会の奨学金は、輪読などの授業の課題本などの購入に活用しました。また、奨学金の支援なしには私立大学での一人暮らしの生活は非常に厳しく、こうして支援を受けて学業に専念できる環境にいられることに感謝しています。

東京都 Kさん

この度は奨学生としてご支援いただき、心より感謝申し上げます。

私は現在看護学を専攻しており、次年度は4年生となります。幼い頃から母子家庭で育ち高校までは公立学校に通っておりましたが、看護師になるのであればと母親に勧められた私立の大学に進学しました。しかし、私の大学進学と同時期に母ががんに罹患していることが分かり、母は治療のため仕事を長期間休まざるを得なくなりました。大学2年の冬、再度別のがんが発覚し療養を余儀なくされました。母の収入変化により、私は入学当初より学業以外の時間はほぼアルバイトをして過ごす日々が続いておりました。アルバイト代で生活と学費の一部を賄うことができておりましたが、3年次には長期間の臨地実習のためアルバイトができる時間が限られてしまい生活が困難になることが予想されました。また、私は卒後大学院へ進学し保健師の資格を取りたいと考えているため、進学のための貯蓄も必要でした。

そのような中、奨学生として採用していただき、実習期間中は学業に専念したうえで進学に向けた準備を進めることもできました。この一年間、実習で学んだことは非常に多く、今後のキャリアプランを考える上で貴重な経験をすることができました。保健師を志す身として、様々な領域での看護とその対象者について学ぶことで、地域に暮らす人々のニーズについて考えを深めることもできました。特に感じたのは、治療や苦痛の軽減自体が重要なのではなく、疾患や負傷を抱えた状態・経験した後の健康状態と向き合いながらその人らしい生活を営んでいけることだということです。

医療機関で治療を受けた人々はそれぞれ地域に帰っていきます。看護師として治療的側面で関わる瞬間だけでなく、家庭や療養施設などそれぞれの生活の場に戻ってからもその人なりの健康を保ち生活ができるよう支えていくことができるのが保健師の魅力と実感しました。

もちろん、保健師が看護を展開していく際には入院治療を終えた人ばかりが対象でなくその地域に暮らす人すべてを看ていくことになります。人々の生活により近い場所にいる看護職者としての役割を果たせるよう、残り一年間の学部生生活でも積極的に学んでいく所存です。今後の学生生活や社会に出てからも、今年一年間産学協働学生支援協会の皆様にご支援いただいたことへの感謝を忘れずに精進してまいります。

京都府 Nさん

この度は給付型奨学生に採用していただき、1年間にわたって援助をしてくださり誠にありがとうございました。産学協働学生支援協会の関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

私は母子家庭で育ち、母は女手一つで私の進学を支えてくれていましたが、大学進学のタイミングで大阪府北部地震とコロナ禍により母の経営する店の経営が悪化し、大学生活のための費用を、アルバイトを掛け持ちしながらなんとかやりくりしていました。しかし、4回生になり大学院入試のための勉強と卒業研究に追われる日々となり、アルバイトの時間を減らさざるを得ない状況になり、経済的な不安を感じていました。そんな中で貴奨学金の存在は私にとって大きな支えとなりました。

貴奨学金に採用していただいたおかげで4回生でのアルバイトの量を減らし、学業に専念することができました。その結果、受験した2つの大学院入試に合格することができ、希望していた大学院へと進学することができました。また、卒業研究では、機械学習と制御分野を組み合わせた研究に取り組み、指導教員や先輩の協力のもと、何とか研究テーマを形にすることができました。卒業研究での研究成果は5月に学会で発表することを予定しています。

貴奨学金の支援により、私は大学院入試および研究活動に全力を注ぐことができ、満足のいく成果を出すことができました。この経験から、私は将来、同じような立場にいる人々を支援することができるよう、貢献していきたいと考えています。春から大学院に進学しますが、感謝の気持ちを忘れず、これからも努力を惜しまずに研究に取り組んでいきたいと思っています。

このように経済的な不安を感じることなく、大学院入試と卒業研究に専念することができたのは、ひとえに産学協働学生支援協会のご支援のおかげと考えております。改めて、皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

茨城県 Tさん

産学協働学生支援協会の皆様から大学四年次の一年間奨学金のご支援をいただきましたこと、心より感謝申し上げます。

私は図書館情報学を専攻しています。授業履修や研究にはプログラミングや統計処理、効率的な情報検索が欠かせず、高パフォーマンスのノートパソコンが常時必要であるところに、手持ちのノートパソコンが大学三年次で故障してしまい、保証も切れていたために買い替えることになりました。そのために貯蓄預金が極めて少なくなり、大学通学と並行しながら行うアルバイト代では生活費や教材費を賄うのが難しい状況でした。アルバイト日数を増やすことも考えましたが、学業に差し支えてしまうのが明らかなため躊躇しておりました。

貴協会の給付型奨学生に認定いただいた後は、奨学金を日々の生活や学業にかかる費用に直接充てることができました。抱えていた金銭的不安は解消され、週二日のアルバイトと並行しながら一年間学業に集中することができ、充実した日々を送れました。特に注力できたのは、研究室における卒業論文の執筆です。卒業論文では、公共図書館における一種の児童サービスの実態について研究しました。研究の過程では、その児童サービスに関与する現場の方々との対話、研究に伴うボランティア活動など様々な経験ができました。また、調査対象を国内外問わず広げていく中では、一つでも多くの言語を使用できる方がスムーズなコミュニケーションができることを痛感し、英語以外の言語学習も精力的に行うようになりました。その結果、ドイツ語と中国語の資格を取得することができました。

この一年間勉学に集中できた経験により、大学院進学を決心しました。研究活動を継続して、将来的には社会貢献に繋げたいと思います。このように新たな目標を持つことができたのも、貴協会に厚くご支援いただいたおかげです。本当にありがとうございました。
How to register

賛助会員への入会案内

会員の詳細についてはお問合せください。
Contact Us

お問合せ

Contact

お問合せ・寄付お申込み

※全て必須項目です

Contact us

お問合せ

Privacy Policy

プライバシーポリシー

一般社団法人産学協働学生支援協会(以下「当協会」)は、協会の活動を通じて取得した個人情報の保護の重要性を認識し、適切に管理、運用するために以下の通り定め、個人の権利利益の保護に努めます。

第1.個人情報保護に関する法令や規律の遵守

当団体は、個人情報の保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

第2.個人情報の取得

当協会が個人情報を取得する際には、利用目的を明確化するように努力し、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

第3.個人情報の利用

当協会が取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的もしくは、それと合理的な関連性のある範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

第4.個人情報の第三者提供

当協会は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

第5.個人情報の管理

当協会は、個人情報の正確性および最新性を保ち、安全に管理するとともに個人情報紛失、改ざん、漏えいなどを防止するために、必要かつ適正な措置を講じます。

第6.スタッフの教育・監督

当協会は、個人情報をスタッフに取扱わせるに当っては、個人情報の安全管理が図られるように継続的なスタッフ教育を実施するとともに、適切な監督を行います。

第7.個人情報利用目的の変更

個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。

第8.個人情報に関するお問合せ

ご提供いただいた個人情報の取扱いに関するご要望・お問合せは、下記までご連絡ください。

e-mail info.shien@gakuseishien.or.jp