• 一般社団法人
    産学協働学生支援協会

    Student Support Associations of
    Cooperation Between Industry and Academia
  • 一般社団法人
    産学協働学生支援協会

    Student Support Associations of
    Cooperation Between Industry and Academia
Greetings

あいさつ

“子供達の笑顔のために”

私たちは産学協働学生支援協会を2017年8月に設立しました。ただただ子どもたちの寂しい顔が見たくない、悲しい顔をしてほしくない、そんな思いから立ち上げました。

今の子育て世代の貧困は、親が頑張っている、頑張っていないという短絡的な理由で起こっているわけではありません。それは、地域の問題であったり、世代間の問題であったり、経済の問題であったり、頑張りたくても頑張れない、働きたくても働けない、そんな社会の複雑な構造が原因と考えています。

また、三大都市圏の大学に高校生が地方から流入することで、各地域の経済活動が縮小するように言われていますが、若者がいなくなるという人口の移動だけが原因ではありません。各地域で生み出した資金も都市圏へ流入しているのです。この流入している資金が各地域に残れば、各地域の産業も活性化されるのではないかと考えます。

私たちは、子どもたちに少しでも笑顔でいられるように、子育てを頑張っている親のために、子どもたちを支援する事業に取り組んでまいります。今後とも当協会の活動をご理解いただき、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

代表理事 佐藤 剛

About Us

団体概要

団体 一般社団法人 産学協働学生支援協会
設立 2017年8月
代表理事 佐藤 剛
e-mail info.shien@gakuseishien.or.jp
所在地 〒106-0031 東京都港区西麻布1-4-20
Board Members

役員紹介

筆頭理事  平澤 勝栄

衆議院議員

理 事  川村 龍夫

株式会社ケイダッシュ 代表取締役会長

理 事  大山 公知

株式会社共同開発システム 代表取締役

理 事  山本 英俊

フィールズ株式会社 代表取締役会長

理 事  韓 俊

株式会社太平洋クラブ 代表取締役社長

理 事  豊田 真也

株式会社ADVASA 取締役副社長
Services

事業内容

給食費支援

ひとり親世帯を中心に、給食費などを支援する活動を行います。

奨学金支援事業

大学生の学費および生活費など、奨学金支援を行います。

その他

その他、学術、科学技術、文化及び芸術の振興に関する事業を行います。
Scholarship

奨学金支援事業

学業・人物共に優秀でかつ健康であって経済的理由により就学が困難とみられる日本人学生に対し、奨学援助を行います。特に母子家庭、父子家庭のご子女が、経済的な理由によりアルバイトなどを優先することが無いよう、学業に専念できる環境を整え、将来の社会に貢献し得る有用な人材を育成することを目的としています。
募集内容(PDF) 願書(word)

奨学金の給付金額、給付期間、形態

  1. 1.月額30,000円を大学等(短期大学含む)の学生に、給付します(給付型)
  2. 2.給付期間: 令和2年4月から令和3年3月まで
  3. 3.奨学生指定の銀行口座に振り込みます

応募資格

以下の要件をすべて満たす者
  1. 1.令和2年4月現在において1年生以上であり、24歳以下である者
  2. 2.学業・人物共に優秀で経済的理由により就学が困難と見られる者
  3. 3.年1回の状況報告ができる者
  4. 4.他奨学金との併給は可とする

募集人数と募集方法

約5名の奨学生を採用します。

※募集方法の詳細や願書の送付につきましては、左記の募集内容(PDF)をご確認いただき、必要事項を願書(WORD)に記入し、所定のメールアドレスにご送付ください。

提出期間

令和2年6月1日(月)〜19日(金)
Voices

奨学生の声

京都府 Tさん

私は、大阪から京都の大学に通っているため、毎月の定期代や文房具代等でバイト代の半分近くを占めていました。 また、一人暮らしではなく、母親に住まわせてもらっているので、家にもお金を入れなければ生活できません。 そうしていれば毎月手元にほとんど残らず、周囲のような時間やお金にゆとりのある大学生活とは違い、毎日が大変でした。 しんどいことは、入学前から覚悟はしていましたが、想像以上にバイトとの両立は厳しいものでした。 また、バイト代がいつもより少なかった時や、別途教科書代などが必要な時は、不足分を母親に借りる訳にもいかないので、祖母にお願いして借りるなどをしていました。 それでもしばらくの間、毎日学校かバイトという生活を送っていました。

しかし、この奨学金のおかげで、教科書代や定期代を無理なく支払うことができるようになったので、バイトの日数を変えずに時間を短くすることにしました。 その結果、勉強の時間を以前より多めに取るようにできるようになったので、前期よりも良い成績をとる事ができました。 それだけでなく、母親に出してもらっていた入学金を少しずつ返していけるようになりました。

入学当初は、ゆとりを持ちつつ、恩返しもできるような状態になるとは思っていませんでした。 もし、この奨学金がなければ、私は今も大変な毎日を送っていたと思います。 勉強と両立を継続してできていたのかと考えると、自分の体か教員になる夢のどちらかが先に壊れていたと思います。 大げさのように感じますが、人生が変わったと言っても過言ではありません。 将来、「教員になれたのは、この奨学金のおかげでもある。」と言えるように頑張っていきたいと思います。

東京都 Yさん

奨学金援助をしてくださり、本当にありがとうございます。 私の目標は医学に対して自分の専門分野としたい電気電子情報という分野からアプローチすることです。 学問を応用していくにはその分野の基礎的な知識を本当の意味で身につける必要があります。 しかしその前に、基礎的な数学を身につけること、そして普遍的な物理法則の理解が大切であると考えます。

今年は情報分野・半導体応用のための基礎的な量子力学へのアプローチのために線形代数学の理解、 電磁気・電気回路を数学的に記述するための微積分学の理解、 さらに電磁気学の電場の理解、電気回路の基礎的な回路解析の手法とベクトル・複素数を用いた交流回路の記述方法、 半導体応用のための基礎的量子力学、プログラミングとしてC ++の基礎的学習を行いました。

さらなる工学的内容として電気機器学・電気材料学・電気計測・制御工学・電気通信工学・集積回路工学などが存在しますが、 これらの基礎となるのは物理を記述するための数学と電磁気学・電気回路などの理学的側面であり、 今年はその基礎の理解に重点を置きました。

また、もう一つ重要なものとして、物理学実験がありました。 これは学科の勉強の中で最も時間が取られ、苦労しましたが、 自ら予習をし、実験の目的を理解し、原理を理解し、実験をして記録をし、レポートを書くという作業の中で、 大変鍛えられたと感じています。

実験の目的を明確にするのは非常に重要で、結論は必ず目的を踏まえて書かなければならないこと、 原理の理解ができていれば結果が妥当かの判断ができ、見当違いの結果が出た時に実験方法の間違いを見直すことができること、 あとで検証・考察をすることを意識して結果は書き留めなくてはならず、実験ノートの書き方は非常に重要であること、 考察では結果から導き出せない主張はしてはいけないこと、 原理での演繹的予想より結果つまりデータの方が上であることなど、 理科学において最も重要な論文を書くため必要な知識を自分で実験を重ねることにより理解できました。 理論の理解と実験により、自分の目標とする研究に対して着実に一歩近づくことができたと感じています。

東京都 Nさん

この度は、給付型奨学生に採用いただき、誠にありがとうございました。 産学協働学生支援協会の皆様には心から感謝申し上げます。

私は、将来教員として日本の教育をより良くしたいという強い思いで大学に進学いたしましたが、 母子家庭のため経済的に苦しく、アルバイトに追われ、思うように学業に取り組めない状況でした。

しかし奨学金をいただけるようになってからは、学業に専念することができています。 特に、昨年行われた教育実習では、生活費の心配をすることなく、実習に取り組むことができました。

実習では、教材研究など3か月以上かけて準備していったのにもかかわらず、 子どもの予想外な反応や考え方にたくさん翻弄されました。 今まで学んできた授業の工夫も、実際に自分が授業をするとなると全然上手くできませんでした。 失敗だらけでしたが、だからこそ教員という仕事の専門性を強く感じ、 尊敬の念を抱くと同時に私も教員として働きたいと今まで以上に思うようになりました。 また、実習を通して現場の先生の忙しさを目の当たりにし、大学生のうちに学ぶ時間をつくることの大切さを実感しました。 実際に授業をするという経験をしたこともあり、もっと多くのことを学んで自分の将来に活かしたいという気持ちになりました。 そのため、公立や附属の小学校の研究授業の見学に行き、実習前とは違う視点から色んな授業の形を学びました。

今年の春にはまた実習の機会があるので、まずはそこで学んだことを活かしたいと考えています。

今年の1月にはグループ研究として語彙学習に関する研究を、大学生を調査対象にして行いました。 教育現場では語彙の学習の際にはわからない単語をすぐ辞書で引くのではなく、自分で推測してみることが効果的だと言う人がいます。しかし、自分で推測して本当に正しい意味を導くことができるものなのだろうかという疑問をもち、始めた研究でした。調査の都合上、推測の正確性ではなく、推測する際に用語をマッピングすることの有効性の検証をすることになりましたが、マッピングをしないで、普通に読むだけの方が推測しやすいという予想外の結果になりました。この結果から、語彙学習の際の思考について単語のつながりより文脈の方が大事なのではないかといったような様々な仮説を立てることができ、非常に有意義な研究になりました。いち大学生の研究にすぎませんが、とても貴重な経験であり、自分の将来につながっていくものだと感じています。そう思えるのもお金の心配をすることなく、勉学に全力で取り組めたからだと思います。このように多くの学びに溢れている大学生生活を奨学金をいただいたおかげで、より充実させることができました。 私は、大学で学んだ様々なことを将来教員として活かすことは、より良い教育ひいては社会のためになると考えています。そのため、これからより一層学業に専念していきたいと考えています。産学協働学生支援協会の皆様、この度は本当にありがとうございました。
How to register

賛助会員への入会案内

会員の詳細についてはお問合せくだ さい。
Contact Us

お問合せ

Contact

お問合せ・寄付お申込み

Address

住所

Privacy Policy

プライバシーポリシー

一般社団法人産学協働学生支援協会(以下「当協会」)は、協会の活動を通じて取得した個人情報の保護の重要性を認識し、適切に管理、運用するために以下の通り定め、個人の権利利益の保護に努めます。

第1.個人情報保護に関する法令や規律の遵守

当団体は、個人情報の保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

第2.個人情報の取得

当協会が個人情報を取得する際には、利用目的を明確化するように努力し、適法かつ公正な手段によって、個人情報を取得します。

第3.個人情報の利用

当協会が取得した個人情報は、取得の際に示した利用目的もしくは、それと合理的な関連性のある範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

第4.個人情報の第三者提供

当協会は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

第5.個人情報の管理

当協会は、個人情報の正確性および最新性を保ち、安全に管理するとともに個人情報紛失、改ざん、漏えいなどを防止するために、必要かつ適正な措置を講じます。

第6.スタッフの教育・監督

当協会は、個人情報をスタッフに取扱わせるに当っては、個人情報の安全管理が図られるように継続的なスタッフ教育を実施するとともに、適切な監督を行います。

第7.個人情報利用目的の変更

個人情報の利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えては行わず、変更された利用目的について、ご本人に通知し、または公表します。

第8.個人情報に関するお問合せ

ご提供いただいた個人情報の取扱いに関するご要望・お問合せは、下記までご連絡ください。

e-mail info.shien@gakuseishien.or.jp